昭島市の特徴【引越し・住みたい街】

昭島市は東京都多摩地域中部に位置し、立川市や八王子市、日野市などに隣接しています。
多摩地域の中核的な都市として発展し、「人間尊重」と「環境との共生」を基本理念にさらなる発展を目指しているのが特徴的。
これから多摩地域に引っ越そうと考えている方のために昭島市について解説します。

・ 昭島市の特徴

昭島市は、新宿から電車で約40分の場所。大型団地や工業地、ゴルフ場などがあります。114,316人が暮らしており、ベッドタウンとしての側面を持ち合わせているのも特徴のひとつに挙げられます。JR青梅線の線路を境として、南部は住宅地の占める割合が大きいです。

また、豊かな水源に恵まれているのも特徴的。地下70mより深い層を流れる深層地下水を利用した昭島市の水道は、ミネラルウォーターと変わらない美味しさと言われています。

その他にも、街灯やマンホール、拝島駅のステンドグラスなどにクジラをモチーフにした物が数多く存在するのも昭島市の特徴です。かつて海だったと言われており、多摩川でクジラの化石が発見されたとのこと。昭島市の公式キャラクターもクジラをモチーフにしています。

・ 主要駅

昭島市の主要駅は、

・JR昭島駅
・JR拝島駅
・JR中神駅
・JR東中神駅
・西武鉄道拝島駅

の全5駅です。中心となる駅は、JR昭島駅になります。JR昭島駅の1日平均乗車人員は19,571人と多くの人が利用しています。北口周辺には、いくつも商業施設が存在しているのが特徴的。また、南口周辺には、警視庁昭島警察署などの公共施設が存在します。バリアフリー対応施設として、エレベーターや多機能トイレが設置されています。

その他にも、JR拝島駅には、Dila拝島が2007年に開業しており、買い物や食事を楽しむことが可能。1日平均乗車人員は22,874人と多くの人が利用しています。

・ 学校

昭島市内には、大学や専門学校が存在しません。高校はアドバンス校の指定を受けている昭和高等学校・巨大はり絵を毎年制作している拝島高等学校・中高一貫教育を行っている啓明学園高等学校の全3校。いずれも違った特色があります。小学校と中学校も複数存在します。

・ スーパー

昭島市内には、エコスをはじめ、マミーマート、TAIRAYA、ザ・ビッグ、マルフジ、イトーヨーカドーなどのスーパーが営業しています。駅から離れた場所に存在しているスーパーも少なくなく、昭島市内に引っ越す際はどこにスーパーがあるかもチェックしておくことが重要です。

・ ショッピングセンター

昭島市内にあるモリタウンは、昭島・昭和の森の一角に存在するショッピングモール。イトーヨーカドーをはじめ、トイザらスやMOVIX昭島、ユニクロなど、全150店舗の専門店で成り立っています。年間約1,000万人の人が訪れます。JR昭島駅北口の近くと立地条件が良いです。また、イベントが充実しているのも特徴のひとつに挙げられます。

・ 公園

立川市と昭島市にまたがる国営昭和記念公園は、1983年に開園した公園。レインボープールをはじめ、バーベキューガーデン、日本庭園、サイクリング専用コースなど、さまざまな施設が存在します。また、みどりの文化ゾーン・花みどり文化センター内にある昭和天皇記念館には、昭和天皇ゆかりの資料が展示されています。

その他にも、テニスコートや野球場などがある多摩川緑地くじら運動公園など、いくつもの公園が存在するのも昭島市の特徴です。

・ 図書館

昭島市内には、

・昭島市民図書館
・昭島市民図書館昭和分館
・昭島市民図書館みどり分館
・昭島市民図書館やまのかみ分室
・移動図書館もくせい号

の全5ヵ所の図書館が存在します。昭島市内に在住している人だけでなく、立川市や武蔵村山市、福生市、あきる野市に在住している人も利用できます。

★ まとめ

昭島市は、多くの人が在住している市です。最南部に団地や学校が多く存在しており、昭島市に引っ越す際は一度チェックしておきたいところ。その他にも、魅力的な商業施設や子育てを支援する制度も存在しており、住みやすさを後押ししています。

昭島市の引越しはアクティブ感動引越センターにおまかせ

タイトルとURLをコピーしました